2017/05/26

  人型あみぐるみの作り方 その4ワイヤーを入れる    

最初あみぐるみを作った時はいれてなかったのですが、ワイヤーを入れると手足が自由に動かせるのでさらにいい感じになります( ´◡` )

ワイヤー、おすすめです!




ワイヤーの種類


ワイヤーには色々種類があるようなのですが、あみぐるみに適しているものは、アルミ製です。

100均に売ってました。
ちなみに私はダイソーで買いました。
上の写真のやつです。

あとペンチも用意しましょう。
100均で!(`-ω-´)✧


ワイヤーを入れる方法


全部編み上げてからだとワイヤーが入らないので、綿を詰めるタイミングでワイヤーを仕込んでいきます。

まずは腰くらいまで編んでから体の大きさに合わせてワイヤーをこんな感じにします。




ねじって2重にします。
足先から足先までの長さ×2くらいに切って、足先と手のところは輪っかにし、2本をねじっていきます。
輪っかにすると、編み目の間からワイヤーが飛び出て来にくくなります。




次に、綿をワイヤーに巻きつけて、あみぐるみの中にいれます。

腕まで編んだら、今度は腕部分のワイヤーを作ります。




今度は、手先から首元〜手先までの長さの倍を用意します。
手先のところを輪っかにして、体のワイヤーとくっつけながらねじります。

足と同様綿を巻きつけ、あみぐるみの中に入れます。

胴体のところも綿を詰め、最後まで編んで完成です。


座れるようになります٩( ´◡` )۶

0 件のコメント:
コメントを投稿