2017/06/08

  かぎ針編みでの楕円形の編み方 写真付き    

編み始めが鎖8目の楕円形を編んでみます。

編み始めの目数マイナス4目が増し目なしの部分になり、両端で4目ずつ増し目をしていきます。
詳しくは、かぎ針編みでの楕円形編みの考え方 を読んでみてください。

今回の楕円形の増し目なしの部分は4目になります。


楕円形1段目



鎖編み8目プラス立ち上がり1目の計9目編みます。




立ち上がりの9目めは飛ばして、8目めに細編みを編みます。
この時、8目めのところにマーカーを付けておくとあとで編むときに分かりやすいです。




端まで編みます。




最後の1目に細編みを3回編み入れます。




カーブが出てくるので、ひっくり返します。




鎖の反対側を編めるようになるので、そのまま端まで編みます。
このとき、最初の糸端を細編みするときに一緒に編みくるむと、あとで糸処理しなくて済むので楽です。




6目編むと、最後の1目残したところになります。
最後の1目は、マーカーを入れたところになります。

マーカーの所に細編みを2回編みます。




最初の細編みに引き抜き編みをします。




1段目完成です!




楕円形2段目


立ち上がり1目編んで、同じ目(足元の目)に細編みを2回編みます。
次の目も細編みを2回編み入れます。




グルーっと編んでいきます。
増し目なしゾーンは4目です。
丸が付いている所に細編みを2目編み入れます。







最後まで編めました。
最初の細編みに引き抜き編みをします。




②段目完成です!




後は好きな大きさになるまでカーブで増し目をしながら編んでいきます。

最初の鎖編みの長さを増やせば細長い楕円形ができます( ´◡` )


0 件のコメント:
コメントを投稿