2017/06/22

  かぎ針編みで編む四角形(正方形)の編み方・編み図    

バックの底や、ポーチの底やかごを編む際に編む四角形(正方形)、長方形の編み方って、意外と簡単だったんです!

覚えれば、編み図を見ずに編めます( ´◡` )

四角形1段目


輪を作って細編みは4目編み入れて、細編みと細編みの間に鎖編みをします。

細編みを1目編み入れて




鎖編みを2目




細編みを1目




鎖編みを2目、細編みを1目。
これを繰り返し、細編みを4目編み入れ、鎖編みを2め編んだら、最初の細編みに引き抜き編みをして、1段目が終了です。







四角形の編み方 2段目


2段目は、3目編んで鎖編み2目を繰り返します。

1段目で鎖編みをしたところに、細編み、鎖編み、細編みを編み入れると、そこが角になっていきます。

立ち上がりを1目編み、根元の同じ目に細編みを編みます。
1段目で鎖編みを編んだところに、細編みを編み、鎖編みを2目編んで、同じ所に細編みを1目編み入れます。




細編みを3目編んで、




鎖編み2目。
細編みを3目編んで、鎖編みを2目。




これを繰り返し、最後引き抜き編みをして2段目が完成です。




4段目完成




6段目完成




四角形の角になる鎖編みのところに細編み、鎖編み2目、細編み、を編み入れることを覚えたら、編み図を見なくても編めるようになりました٩( ´◡` )۶


四角いかごを編んでみる


このまま増減なしに側面を編むと、カゴやバックになります。

この麻紐のカゴを編んでみます。




角のところは、鎖編み2目を編まずに、細編み2目のみ編みます。







次の段からは、増減なしで編み続けると、側面が出来ます。




側面は9段編みました。





縁編みと糸の色変え方法


最後は色を変えて細編みを1段編み、引き抜き編みで縁編みをして終了です。

最後の1目を残した状態です。




糸を引き出すところまで麻ヒモです。




ここから違う糸に変えます!




麻紐としとい糸を一緒に編みくるみつつ引き抜き編みをします







一周細編みします







引き抜き編みをして、縁編みにもう一周引き抜き編みを編みます。




完成〜!




私の場合、縁編みの引き抜き編みを緩めに編まないと、キュッとすぼまった感じになってしまいます(。´□`)

四角形の編み方は、まいにち、てしごとさんのブログを参考にして習得しました!
とってもわかりやすい解説です( ´◡` )

0 件のコメント:
コメントを投稿